なんでもいいや。

ザウルスSL-C3000でCFスロットに装着した5GBのマイクロドライブを認識しました!

今まで、うまく認識してくれなかった5GBのマイクロドライブ君。やっとうまく認識できました。
Linuxに詳しいC3000使いの方に教えてもらったとおりに行ったら問題なくできました。
一応、手順を書いて見ますが、自分もよく理解してないので、このとおりやって何かあっても私は知りませんw

1.まず、マイクロドライブを装着してCFカードのアイコンが出ることを確認

2.次にターミナルを起動し、suコマンドでスーパーユーザーとしてログオン

3.umount /usr/mnt.rom/cf と入力
 もし、invalid argumenって出てきても気にしなくてよさそうです。

4.fdisk /dev/hda コマンドを実行します。

5.commandとコマンド入力と求められますので以下の順序でコマンドを入力します。
 途中で「Warning: partition has empty type」って出てもきにしちゃいけないそうです。(自分の場合は出ませんでしたが)
 d
 1
 d
 2
 d
 3
 d
 4
 w

6.終了し、「#」のプロンプト表示になったら「fdisk /dev/hda」を再び実行し、下記の手順でコマンドを入力します。
n
p
1
[Enter]
[Enter]
w

7.完了してプロンプト表示にもとったら 「mkfs.vfat -F 32 /dev/hda1」 コマンドを実行します。

8.これが完了しましたら、ターミナルを終了し、CFカードを1回抜き差しします。
 これでCFカードにうまくアクセスできたら成功です。


自分で書いててよくわからない状態なのですが、これを読んで訳がわからなない方はやめておいたほうが無難かもしれませんね(汗
[PR]
by jpn-ph | 2005-08-15 05:34 | モバイル
<< 5インチのハードディスクなんて... FOMA初のGPS搭載端末、S... >>